価格破壊に巻き込まれるな!

私の少し前までの認識だと、価格破壊は完全に事故でした。


一人の初心者せどらーさんが売れやすくするために最安値を1円更新する。


他の価格改定ツールをつかって、価格改定ループをしている人たちがお互いに最安値を更新し合ってしまって、
価格破壊が起きる・・という具合です。


しかし、最近は刈り取りという方法が普及するようになってきました。


まず、刈り取りという行為そのものは、Amazon規約的にもモラル的にも問題のない行為です。(モラル的には賛否両論あるかもしれませんw)


刈り取りとは、Amazonで最安値付近の安い価格を買い占めてしまって、やすい価格がなくなったところに自分がある程度の値段で出品をして利益を得るという方法です。


つまり、人為的に価格高騰を起こすということですね。


で、初めから値段が安いなら、問題がないのですが、わざと、自分がめちゃくちゃ低い価格を出して、他の出品者を巻き込もうとする吊り下げという行為をする人がいます。


これにより一時的に価格が下がった商品を刈り取りの一環として買い占めてしまうのです。


これはひどいですよね。

自分はさっさと出品を取りやめて、買い占めた商品で高く出品してしまえばいいのです。


気をつけましょう!